MENU

グラインドコアの素晴らしさ

grindcore, hardcore

こんにちは。管理人です。この記事では、グラインドコアとはどんな音楽なのか?どんなバンドがいるのか?など、簡潔に解説していきます。
この記事は「メタルコアのサブジャンルをまとめてみた(後編)」から続いています。こちらの記事もぜひチェックしていってください。

グラインドコアのなりたち

グラインドコアは1980年代中盤頃に生まれた音楽です。

Grindcore is characterized by a noise-filled sound that uses heavily distorted, down-tuned guitars, grinding overdriven bass, high speed tempo, blast beats, and vocals which consist of growls and high-pitched shrieks.

Wikipedia(英語版)より

ノイズの強い音像、ダウンチューニングによる重低音や唸るベース、ブラストビートなどの技法を生かした激しいドラムワークにボーカルの雄叫びが乗る音楽です。音楽の要素は「リズム・メロディー・ハーモニー」と言われますが、これらの全てが無い(意図的に壊されている)音楽としても知られており、中には1秒しかない楽曲もあり、まさに「極限の音楽」とも言えます。
他のメタルコア黎明期にあった音楽と同様、ハードコアの過激さにメタル(とりわけデスメタル等)の演奏技法が加わった音楽で、イギリスの Napalm Death が元祖と言われています。

グラインドコアのバンドたち

  • NAPALM DEATH – When All Is Said And Done

  • Anal Cunt – Beating Up N$% & $gers That Sell Fake Crack

  • Napalm Death – You Suffer

  • PALM – SCAPEGOAT

  • Napalm Death
  • Brutal Truth
  • Nasum
  • S.O.B.
  • Terrorizer
  • Assuck
  • PALM
  • ほか

イギリスの雄、Napalm Death が「You Suffer」という1秒の楽曲を制作?するなど、グラインドコアの伝説的バンドとなっています。イギリスの他、北アメリカ(Terrorizer や Assuck など)や日本(S.O.B. など)でもグラインドコアが盛んに行われています。最近の日本のバンドとしては、PALM がグラインドコアに近い音楽性を持っていますが、ハードコア、ヘヴィメタル他様々な音楽性を吸収した独自の音楽を展開していて、一口にグラインドコアのバンドとは言い切れないバンドでもあります。